あなたの為の一周忌情報

2021年06月09日

家族葬のお通夜のマナーを知っておきたい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在は感染症の影響で、小規模のお葬式を予定している人が増えています。家族葬は遺族や親族、親戚などの血縁の濃い人、親しい友人だけで行うお葬式のスタイルです。基本的にはお通夜と告別式の両方を行います。家族葬は一般葬に比べると、参列する人の数が少ないので費用を抑えることが出来ます。参列する人数や祭壇の種類のよっても、多少は費用が違ってきます。住んでいる地域によっても多少は違いますが、80万円から150万円前後です。

続きを読む

2021年05月25日

通夜振る舞いの意味やマナーとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜では通夜振る舞いとして料理が振る舞われる地域が多いですが、意味やマナーをきちんと理解している人はそう多くはないのではないでしょうか。通夜振る舞いはただ単に食事をするというものではなく、通夜に足を運んでくれた僧侶や弔問客に感謝の気持ちを伝えることと、みんなで故人との思い出を語り偲ぶための場となっています。一昔前は食事は肉や魚を避けるべきとされており、精進料理が中心となっていましたが、近年では食事の内容にはこだわらず自由なスタイルを取る傾向にあります。

続きを読む

2021年04月12日

人がお亡くなりになった際に心得ておくべきこととは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人をしていると人の死に遭遇することもあります。上司の両親が亡くなる、同僚が事故で亡くなるといったことにも遭遇します。そのため社会人になったら、冠婚葬祭を想定してそれにふさわしい装いを理解し、準備しておく必要があります。ブラックフォーマルは必ず一着は常に用意しておくとよいです。会社のロッカーに常備しておけば、急な葬儀などでも迅速に対応することができます。しかしここまで準備万端な人も少ないでしょう。

続きを読む

2021年03月13日

これだけは押さえておきたいお通夜のマナー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜のマナーを知らないと親族や知人、関係者の前で恥をかくことになります。なのでこれだけは押さえておきたいマナーを説明していきます。まず服装についてですが、お通夜はお葬式とは異なり事前に準備する時間がないケースが多いと言えます。だから仕事帰りに参加する場合などは地味な色で、露出が少ない服、アクセサリー等は外しておけば平服でも問題ありません。ですが家に立ち寄る時間があるなら喪服を着て行くのが一般的です。

続きを読む

2021年02月15日

お通夜の意味と服装のポイントを知ろう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜は亡くなられた方の葬儀が行われる前に実施される宗教行事で、葬儀の前日などに故人の親族などが集まり、別れを行います。突然の知らせで慌てて故人の方のところに向かうため、葬儀とは違ったマナーがあり、そうしたマナーを知っておくことが必要とされています。お通夜は知らせを受けてとり急いで駆けつけるという意味があり、できるだけ地味な服装で駆け付けます。葬儀の場合は黒い服を身に着けるのがマナーですが、通夜は突然のことで急いで駆けつけるということになるため、どうしても黒でなければならないということはないです。

続きを読む