あなたの為の一周忌情報

2020年12月21日

亡くなってからの手順を確認しましょう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

基本的に故人が亡くなった日、あるいは翌日にお通夜を行います。遺体を納棺するタイミングに決まりがあるワケではありませんが、お通夜の前に、家族が揃ったところで行うのが一般的です。通夜も本来ならば、故人を偲び、冥福を祈るために近親者や友人など身近な人たちが集まり、夜通しでロウソクや線香の火を絶やさないようにし、文字通り夜を通して、最後の別れをともに過ごすためのものになります。ちなみに、昔の人の考えではありますが、死んだ人には悪霊が取り憑いていて、その悪霊から遺体を守るためでもあったようです。

続きを読む

2020年11月13日

お通夜の準備をするときには何に気を付ければ良いか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

遺族の立場でお通夜の準備を始めるにあたっては、斎場を運営する葬儀社の担当者とこまめに打ち合わせをして、当日の葬儀の進行や参列者の対応などについて確認を取ることが重要となります。長年にわたり一般の遺族から法人まで幅広い顧客を対象としたサービスを行っている葬儀社の中には、ホームページ上で広く選ばれているお通夜のプランについて紹介しているところが少なくありません。そこで、予算や日取り、会場の広さなど色々なところにこだわって葬儀の手配をしたい場合には、数ある葬儀社の中でも信頼できそうなところを見極めることがポイントです。

続きを読む

2020年10月04日

お通夜の準備をするときには何に気を付けるべき

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜の準備をするにあたっては、故人が生前信仰していた宗派の葬儀の習慣や決め事について確認をしたり、葬儀業者の担当者とこまめにコンタクトを取ったりすることが重要となります。顧客サービスが良い葬儀業者の中には、準備の段階から手厚いサポートをしてくれるところもあるため、葬儀までそれほど時間がない場合には、速やかに担当者に電話で連絡を取ることがおすすめです。お通夜の受付を年中無休で行っている葬儀業者の中には、卯ホームページ上で様々な立場の顧客から支持されている葬儀のプランについて分かりやすく紹介をしているところもめずらしくありません。

続きを読む

2020年09月28日

お通夜のマナーや当日の流れを確認しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜のマナーや当日の流れについては、葬儀に遺族や友人など様々な立場で参列をするうえで重要なテーマとして位置づけられることがあります。そうした中、周りの遺族や関係者にくれぐれも失礼がないように行動をするには、日ごろから葬儀に関する基本的な知識を身につけたり、親身になって相談に乗ってくれる葬儀業者の担当者と打ち合わせをしたりすることがおすすめです。最近では、お通夜に関する様々なマナーやしきたりについて、個々の遺族に分かりやすく説明をしてくれる葬儀業者の数が増えており、葬儀に参列をした経験が少ない人もすぐに必要な知識を得ることが可能です。

続きを読む

2020年08月02日

お通夜の当日の流れを事前に把握しておこう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お通夜の際に周りの人に失礼の無いように行動をするには、事前に当日の流れについて親族や葬儀業者の担当者と相談をしながら把握をしておくことが重要です。また、故人が生前に信仰していた宗教や宗派によって、葬儀の進め方が異なるため、時間を掛けて遺族など関係者に話を聞くことも大事です。遺族から参列者まで様々な立場の人にきめ細やかなサポートを行っている葬儀業者においては、お通夜の具体的な流れについて、ネット上で分かりやすく紹介をしたり、無料で相談を受け付けたりしているところも多数あります。

続きを読む